0714 エンジニアの居るスクールとは?

来月7/14に開催される

Grooving racing Lesson(GRL)Rd.1

今回は講師を4人体制で行ないます。

●ドライビングインストラクター 2名

ご存知だと思いますが詳細は後程

●マシンエンジニア        1名

新たに導入する制度その1です。

走行会等で同乗走行を行う際に、気になる事があります

それは…

乗りにくい車両で練習している…

それに気が付かず練習をする事で

「マシンの不都合なのに、自分が下手だから出来ない」

と思い込む と言う場面がよく見受けられます

その場合は、生徒さんと、イントラドライバー、エンジニアと

症状のディスカッションを繰り返し、その場でセット変更を行い

部品の交換では無く、調律しただけで「どう変化するか」を

体験していただきます

現役S耐ドライバーが実践と同じ手法で

セット出しをする方法論を ここで学んでいただく事が可能です

grooving_20121123_tsukuba_070

●ジャーナリスト          1名

新たに導入する制度その2です。

彼らはプロのドライビングを常に見られる環境でお仕事しています

その眼力はドライビングを外から見るだけで

多くの情報をキャッチアップすることが出来るのです

車両の今起きてる状況が

ドライバーの仕業なのか

車両側に問題を抱えているのか

身体のセンサーが捉えた感覚的な事象を、

具体的な言葉にして生徒さんに伝える力があります

更に他車の走行シーンを見て解説もしますので

休憩している時にも学ぶ事が可能となりました

このように…

1台の車両を各分野のプロが見て、対話して、お伝えする。

そんなレッスンを開催します。

皆さんのお越しをお待ちしております。

エントリーはこちらからお願い致します

http://grooving.info/

05_Z-Black_Sunako

0714 少人数制に拘る理由・・・

来月7/14に開催される

Grooving racing Lesson(GRL)Rd.1

なぜ少数制を導入するのか

答えは簡単です

生徒さんをきっちり見たいからです

今回の募集は10台まで

生徒さん10名以下に対して

スクールの講師は4名体制

IMG_7576

●ドライビングインストラクター 2名

●マシンエンジニア        1名

●ジャーナリスト          1名

1台の車両を各分野のプロが見るには

多くの台数は見る事は出来ません

その為、少人数制とさせていただきました

エンジニアとジャーナリストがどんな役割を果たすのか…

それはまた改めてこちらでお伝えしようと思います。

さて、今回のレッスンはオーバーステア対策の為

FRのレンタカ―(NA8Cロードスター)を準備しましたので

弱点克服をしたい、FF&AWDオーナーさんも是非ご利用ください

エントリーはこちらからお願い致します

http://grooving.info/

1510 x

Grooving Racing Lesson プレ開講 vol.01 開催のお知らせ

プロドライバーの領域へと皆さんを誘う「Grooving Racing Lesson」

第1回がいよいよ開催されます。
少人数制で行なう、ステップbyステップのレーシングドライバー育成レッスンは、ドライビングの要素を理論的に解説し、単なる身体的反復練習とは一味異なるカリキュラムとなっていることが特徴です。
アマチュアドライバーの上達を阻害する大きな要因は「怖さ」です。
その際たるものが不意にリヤが滑りだす「オーバステア」であることに異論はないでしょう。

photo-20140111_28

そのオーバーステアへの対応を学び、克服してゆくことで怖さをなくしてゆく。
「怖い」と感じる原因は、実はシンプル。

・予期できない
・対応がわからない

わからないからこそ、間違った判断と操作入力を知らぬ間に行なっている。
これが怖さを作り出す要因なのです。
逆に言えば、知ってしまえば怖さは薄れ、より正しい対応が可能になるのです。

grooving_20140506_4

スポーツ走行中に登場する様々なオーバーステア状況の中でも対応の基本となる「パワーオーバーステア」が第1回のテーマです。
パワーオーバーステアへ至る過程を理論で知り、身体で体験。そのうえで正しい対応方法を学ぶ。

怖くなく、安全な状況で少人数制のレッスンを徹底的に行ないます。

ドライビングの質を向上し、レーシングドライバーのスキルへ一歩でも近づきたい全てのドライバーが対象です。
現段階での経験やスキルは問いません。初心者から走行会のベテランまで、Grooving Racing Lessonは広く門戸を開いて皆さんをお迎えします。
スクール対象車種:リア駆動車 ※1

【※1】FF車やAWDオーナー必見!

レンタル車両を準備しました

FR車で定常円やオーバーステアを誘発させる練習から

カウンターステア、アクセルコントロールを習得し

ご自身のスポーツ走行時に役立てる事が可能です

FF車でオーバーを作り出すには車速を上げるのに一苦労しますが

FR車であれば低速域でもオーバーステアを作り出す事は可能です!

*レンタル車両(NA8Cロードスター)(先着4名限定)

レンタル代¥5,000+燃料代(当日精算)

1510 x

ドライバー育成講座、誕生

Groovingではスポーツ走行の真髄をお伝えするための新しいシリーズイベントを立ち上げました。

「Grooving Racing School」

レーシングドライバーがマシンを操るスキルを余すこと無くお伝えし、

プロドライバーの領域へ皆さんをお連れするための、新しいスタイルのスクールシリーズを開講します。

ドライビング初心者でも、ひとつひとつテーマを絞ったレッスンを

受講することで愛車を自由自在に扱えるようになる、

そんなスクールです。

IMG_7326
ゴールはレースへのエントリーと上位入賞。もちろんレースを目指すのではなく、純粋にスキルアップを目標とするドライバーも心より歓迎します
そのために必要なドライビング、メンタル、理論をテーマごとに分解し、徹底的に学ぶことで技術と経験を積み上げてゆきます。

本講の対象は、ドライビングとクルマを愛するすべてのドライバーです。
現在の技術や経験は一切問いません。
全くの初心者から走行会のベテラン、はたまたモータースポーツ経験者であっても本講に参加することでドライビングのステップアップを果たす、これがGrooving Racing Schoolの目指すところです。

IMG_8766

もちろんこうした正しいスポーツ・レースドライビングを学ぶことにより公道上での安全率を高め、スムースかつ確実な日常走行にも直結することでしょう。

もちろん講師は各分野のプロフェッショナルが務めます。
プロドライバー、エンジニア、メカニック、ジャーナリストといった各分野の人材がレッスン内容に合わせて皆さんをアシストします。

諠・勹06

Racing Schoolでは実技講習の他に、自動車の構造、そしてドライビングの理論も学びます。
頭の理解と身体の習熟をリンクさせるカリキュラムがこうして生まれるのです。

05_Z-Black_Sunako

21

もちろんSchoolは少人数制。

本講からレースへ参戦するドライバーが生まれることは我々スタッフの大きな喜びではありますが、我々はこの目標をさらに一歩進め、本講の卒業生の皆さんでGrooving Racing Teamを構成し、耐久レースへの参戦をひとつの到達点と考えています。

大いなる夢へ向け、Groovingの新しい試みがスタートします。

Grooving Racing School プレ開講vol.01は

こちらよりお申し込みください

grooving_6tai_20130407_008