0322 TC1000 report ターゲットチャレンジ200

最終回は、ターゲットチャレンジ200(TC200)のお話です。

ターゲットチャレンジは

グルービングが昨年から始めた変わり種のレースです。

今回のレギュレーションは、3周+4周で行われるレースで、

最初の3周はフリー走行、1周のセーフティーカーランの後、

残りの4周を、200秒に近いタイムで走ったドライバの勝ち、というもの。

 

4周200秒、つまり1周あたり50秒。

筑波を走ったことがある方はわかるかと思いますが、

つまり、このレースのキモは速さではありません。

もちろん、ラップタイマや、計測表示板などはすべてOFF。

体内時計がすべてです。

今回、かなり盛況で、なんと参加車両は10台。

少しずつ、楽しさが浸透してきたのでしょうか。

そう、このレース、出てみると楽しいんです、すごく。

車種も 多種多彩な顔ぶれで、

eb82c1381c

超希少車ラディカルや、CR-Xといったオーバースペックな車から、

マーチ、アイといったベストがターゲットタイムに近い車まで、

異種格闘技戦、といった様相です。

f33a66add5.

今回、アイでこのレースに参加したむさし屋、

アイはベストタイムが49秒程度と、ほぼ全開で行けば勝てる!・・・んですが、

レースが始まってみると、ペースの違う車でコースは大混乱。

ペースは遅いので静かなバトルではありますが、

途中で速い車がうろうろしたり(笑)、

アイのような遅い車は必至で走ってたり・・と、

毎回、何とも不思議なレース展開になります。

せっかくなんで、レースのバトルも楽しみたい、とはしゃいだ結果、

友人のS2000に進路を阻まれ、むさし屋はあえなく撃沈。

DSC20141122_24

レースは、エクストリーム、スプリント、ドリフトフリー走行にこのTC200と、

いったい一日でどれだけ走るんだ?!と思わず突っ込みたくなる

小林選手が、なんとインプレッサで優勝したのでした。

インプレッサで低速走行は、

よほど体内時計がしっかりしていないと上手くいきません。すごいです。

二位には大山選手、三位にNタロー選手が入りました。

タイムは皆さん203秒台、接戦でした!

おめでとうございました!

ということで、この日もイベント盛りだくさんであった筑波サーキット。

いちエントラントとして、走るほうも見るほうもすごく楽しかったです。

多くの新しい参加者の方とも知り合いになれ、

また一つ、筑波に行く理由ができた気がします。

次の走行が、今から楽しみです。

また、サーキットでお会いしましょう!

DSC05928

0322 TC1000 report スプリントカップ

今回はスプリントカップのお話。

参戦は6台。

うち4台はエクストリームカップでも顔をそろえた面々。

なんというレース好きな方々なんでしょうか(笑)

2015 0322 sprint-cup

まずは予選、

ここでも、速さを見せたのはエクストリーム優勝の

クロハチレビン(=戸井田)選手。

AE86としては異常ともいえる40秒台・・・・

※エクストリームカップは今シーズンから競技性を高めるため、

本名のエントリーとなりました。

が、それを大きく上回ってきたのは、

同じく彗星のごとく現れた、うらしまたろう選手と、相棒のFD。

cee655514a

たたき出したタイムは38秒。

今までのスプリント予選タイムとは一線を画す、驚愕のタイムです。

うらしまたろう選手は、多くの草レースで優勝経験を持つ、

アマチュア界のトップドライバーの一人。

エントリーリストに名前が載ったその時から、

常連エントラントと熾烈な争いは、決まっていたことであったのです。

FDはブーストアップ・・・なぜそんなに速いんだ。

うらしま選手、そしてクロハチ選手、

強敵を迎え撃つは、

常連エントラントの面々。

果たして・・・・。

Rd.1 決勝

Sタイヤのため後方スタートとなったうらしま選手が

圧倒的な追い上げを見せあっさりと先頭に立つと、

そのまま大差をつけ、トップチェッカーを受けたのでした。

二位はクロハチ選手、三位にミウラ選手。

あまりにも圧倒的な結果に、静まり返るギャラリー。

2015年、

グルービングスプリントカップ初戦は、

衝撃的な幕開けとなったのでした。

DSC00231

Rd.2は1~4位が後方からスタート、

うらしま選手が3位からのスタートとなります。

そして、1番グリッドは・・・唯一の4駆、

このためにGC8を持ち込んだ、小林選手。

ほぼノーマルGC8とブーストアップFDの加速対決は見ものです

Rd.2 決勝

4駆の爆発的な加速を使い、小林選手が逃げる!

ウラシマ選手もFRとは思えない加速で1コーナーへ向かいますが、

ここで前を捕らえるには至りません。

しかしながら、既にかなり接近しています。

そしてなんと、

最終コーナー前の洗濯板でうらしま選手がアウトから・・・

と思いきや、クロスラインでインから見事な追い抜きを見せました!

鮮やか!

第二戦もうらしま選手が強さを見せたのでした。

一位:うらしま選手、二位:くろはち選手、三位:小林選手。

結果だけ見れば一方的な戦いとなったスプリントカップですが、

どのエントラントも高次元の走りを見せてくれました。

DSC00990

入賞した皆さん、おめでとうございました!

次戦が楽しみです。

 

次回は最終回。

ターゲットチャレンジのお話となります。

0322 TC1000 report エクストリームカップ

エクストリームカップ 【速いドリフターNO.1決定戦!】

グルービングが誇るグリップ&ドリフトがレギュレーションのレースです。

この日、エントリーしたのは7台。いずれ劣らぬ、ドリフターたちです。

注目は、初参戦の黒いAE86、戸井田選手。

c95af1f13f

昨年、旋風を巻き起こした赤いAE86、三浦選手との

AE86対決を中心に、昨年度優勝経験者など、今回も混戦は必死か?

 

レース開始!

予選でぶっちぎりのタイムを出していた戸井田選手、

予想通り、三浦選手との一騎打ちが始まりました。

虎視眈々とトップを狙う戸井田選手の追跡を、

巧みに抑える三浦選手でしたが、

中盤、鮮やかなフェイントからインを刺した戸井田選手が

そのまま速さを見せ、赤と黒のバトルを制したのでした。

戸井田選手、三浦選手、

そして3位に滑り込んだステージアのokamura選手、

おめでとうございました!

DSC20141122_6

エクストリームカップ、

マッスルチャレンジやMSC全国大会に出場するレベルの高い方々が、

本気でレースしちゃう、とっても見ごたえのあるレースです。

是非、現場でその走りを見てみてください。

毎回、そこには感動があります。

 

次回は、スプリントカップのお話です。

 

 

0322 TC1000 report 蘇武選手&フリー走行

 

こんにちわ。むさし屋です。

今日は先日行われた、TC1000のレポートを書かせていただきます。

3/22 天気は晴れ。

素晴らしい1日となりそうです。

この日行われたのは、

グリップフリー走行、久しぶりに復活となるドリフトフリー走行、

スプリントカップ初戦及び第二戦、エクストリームカップ、

そして、ターゲットチャレンジ200(TC200)でした。

 

早速走行のお話・・・の前に、

まず、今回ご紹介したいのは、

S耐ドライバー蘇武選手の、グルービング走行会・アドバイザー就任。

10599443_726978907393052_2530027427370843086_n

蘇武選手は、筑波サーキットの職員の傍ら、

現役でS耐に参戦するドライバーです。

参加された方は気づいたかと思いますが、

1日を通して、パドックを忙しく(?)動き回る

蘇武選手の姿がありました。

蘇部選手曰く

『できるだけ多くの方とお話したい』とのことで、

空いた時間で多くのエントラントの方が、

プロフェッショナルな場で戦う方との

サーキット談義を楽しんでいたようでした。

 

また、それだけでなく、同乗走行も行っており、

筑波を知り尽くしたドライバーからの

『目から鱗が落ちる』(常連の方談)レクチャーが。

この同乗走行、僕はお願いできませんでしたが、

ホント、すごかったみたいですよ!

 

また、早朝、そして走行終了後の夕方には、

コース上を歩きながらのドライビングレクチャーが。

僕も参加させていただきましたが、

いやホント、

目から鱗が落ちすぎて衝撃でした。

コースを歩くだけでも色々と気づくことがありますが、

色々と解説を頂きながら見ていくことで、

確実に走行の見方が変わると思います。

感動!

 

これは、5/6も行われる予定だそうなので、

参加する価値があると思いましたよ!

参加者特典が「学べる」というのもグルービングらしさですね。

 

 

さて、話はフリー走行に。

この日行われたフリー走行は、

グリップ、そしてドリフト。

ドリフトフリーは久しぶりの枠復活です。

楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか?

DSC00714

どちらの走行枠も、

今回、新規で参加してくださった方が多かったようです。

上級クラスから、初級クラス、初心者クラスまで多様な車種、

腕前の方々で、見ているだけで楽しんでいるのが伝わってくるようでした。

僕は今回、アイで参加したこともあって初級クラスで走ったのですが、

ローパワー車のクラスもとても熱い!大変楽しかったです。

マーチは速かった!(笑)

DSC20141122_18

ドリフト枠は、正回り、逆回りが2本ずつだったこともあり、

中々に手ごたえがあったようです。

参加者の方からは、

正回りは苦手なんだよな~、とか、

逆回りが苦手なんで・・と、

それぞれに課題があるようで、いい練習になったのではないでしょうか。

晴天のこの日、ベストタイムを出す、

といったことは難しかったかもしれませんが、

1日を通して気持ちよく走れたのではないでしょうか。

次回はエクストリームカップのお話です。

DSC20141122_374

 

0322 TC1000 全クラス リザルト公開

グリップクラス 総合リザルト

2015 Rd.1 グリップ総合

2015extreme-cup 正式リザルト

2015 Rd.1エクストリーム予選 2015 Rd.1 エクストリーム決勝

新エントラント 戸井田選手がデビューウイン!

2015sprint-cup  正式リザルト

2015 スプリント予選修正

2015 Rd1スプリント決勝1  2015 Rd.2スプリント決勝2

こちらも本物の草レーサー「うらしまたろう」選手が参戦

ターゲットチャレンジ TC200 決勝リザルト

まさかの同タイム!

2015 Rd.1 ターゲット決勝

DSC20141122_24