1123sprint-cup2013最終章

さてさて続いては「sprint-cupレース」

文字通りのスプリントレースです。

今回行われたのは第4戦&最終戦

第4戦は予選タイム順のグリットスタートとなります。

ただ一味違うのは、『Sタイヤ装着車は3グリット降格』である事。

かつて、sprint-cupは白熱したレース展開を演出するために

主催者こっちーさんがあの手この手とレギュレーションを考えてきましたが

エントラントの面々は予選で三味線を弾いてそれを免れるレース巧者ばかり・・・

064e5e6b9a

ついに今回、こっちーさんはキレた?

シンプルなレギュレーションとしあとは実力で勝ち取れ、と言わんばかりの投げっぷり。

ただし、そこは鬼のこっちーと呼ばれた男(・・・どこで?)

それだけでは終わらない。

続く第5戦は第4戦の優勝者から4位までが9位から12位に降格、という驚くべきレギュレーション。

波乱が起きなきゃ作ってしまえ!

何という荒っぽい奉行でしょうか。

こんな人の部下になると大変だと思いますw

あおりを食らったのがむさし屋こと僕です(汗)

実は今回レースデビューしルーキーとしては

まずは後ろの方から、レースを見守ろうと思っていた次第です。

ところが!

この第4~5戦ルールによって例え4戦がビリでも

5戦は中盤スタートという、まぁ-何とも酷い仕組みに。

今までこっちーVSエントラントの壮絶な戦いがあるのは知ってましたが

まさかこんなところで巻き込まれるとは、とんだ災難ですw

で、更に

こっちーさんは直前のブログにて

『おもてなしを用意しておきます♪』なんて書いちゃってる

きっと、ろくな事無いだろうな・・・と思って当日迎えてみると、やっぱりでした。

【予選時間は時間の都合上5分間です】

あ—

あまり居ないと思いますがTC1000をご存じない方の為に。

このコースは大体1周が40秒強のサーキットであります。

距離は1000の数字が示すとおり約1000m

今回のエントリーは12台フルグリット。

えー・・・

12台、タイヤ温めるのも含めて5分間でタイム計測するのがどれだけ難しいか!!

鬼のこっちー、手を抜きません。

あ-あんまり書くとレポートの依頼が来なくなっちゃうので割愛しますが

とにかく!

素人に優しくないって事ですよw

この5分間の真意について主催者のアイツ(こっちーさん)に聞いてみました。

するとやっぱり…どエスなコメント・・・

「みんな5分間だから平等だし、ベストタイムを1周で出せばイイだけ」

「どのように空いてるスペースでアタックをするか作戦立てて走らないと」

「レースなんだから」

Grooving_20120902_tsukuba_33

そんな事を僕らに求めるなんて・・・

グルービングのエントラントが上達する理由が少しずつ分かってきました(汗

話題を戻しましょう!

僕には腐ってもエボがあります。

いや、エボは腐っていません。腐ってるのは僕でしたw

ではまず第4戦予選から

僕(むさし屋)は頑張った結果まさかの6位

・・・Sタイヤが上位3台独占でしたが3グリット降格のハンデを背負うので

何と僕は3位からのスタート1

ちなみに1位は借り物S15のshino選手

2位は開幕戦の覇者イッシー選手

そして後ろにはSタイヤ軍団が…最悪です(爆)

やってしまいました!明らかに場所がヤバイ。

そんなチキンなむさし屋を、エントラントの皆さんは

次々とイジリにやってきます(笑)

くそぅ!やってやる(何を?)

grooving_20130211_tc1000_094

■sprint-cup 第4戦

スタートと同時にむさし屋が飛び出したー!

スタートの一瞬の隙を突きshino&イッシー号の間を抜け1位に躍り出たぞ!

さすがエボ!FR勢を完全において行ったー!

そして1コーナー進入・・・むさし屋号はここで

明らかにアンダー!ドアンダーw

その隙間をついてshino号そしてその後ろからきくりん♪号が来た!

20131123_race_49-150x150

むさし屋号は何とか体制を立て直すが既に1ヘアピンの時点で

イン側ではきくりん♪が居るじゃん!

完全に抜かれて3位に後退・・・

shino号逃げる!きくりん♪は追う展開

むさし屋号はブロック!露骨にブロック!レース台無しだ-(爆)

20131123_race_32-150x150

・・・って感じで

シルビア艦隊の後塵を浴びる事となります。

その後、必死のドライビングもむなしく明らかにペースが落ちていきます。

さすがは経験者、速い!し上手い!

直後にはいっしー@S14の猛追が…

しかしTC1000は狭いコースです。

がっちりインを閉めて例えコーナリングを失敗してもエボの加速力に頼り

優勝:shino選手 2位:きくりん♪選手 3位:むさし屋!

20131123_race_7-150x150

という結果となりました。

初のスプリントレースにて初の表彰台!ありがとうございます!

しかし、喜ぶ僕とは対照的にきくりん♪選手がかなり悔しそうです。

その結果、シャンパンファイトはshino選手が悲惨なことになってしまいましたw

僕もボディーを集中的にかけておきました。(写真はイメージですw)

grooving_20130429_609

11/23の寒空のなのに(笑)

shino選手おめでとうございました。

『いやぁ-終わった終わった』と一人で満足していたら

他の選手から「まだ終わってないよ(ニヤリ)」と…

そうだ!最終戦もあったんだとw

■sprint-cup 2013年最終決戦

このレースは第4戦とは一味違います。

まずは前途のとおり第4戦の1-4位はグリット順が

9位-12位に自動的に降格

更にもう1点…

それは4周走行後にSC(セーフティーカー)が入り

一旦それまでの差が帳消しになる…

その後ローリングスタートでレース再開。

誰だ!こんなレギュレーション考えた奴は!

こっちーさんですね(笑)

性格がそのままレース規則に反映されています(爆)

スターティンググリットは

kuma選手 オレンジEP選手 藤井選手のEPスターレット軍団が占めてます!

そしてレーススタート!

僕の視点からは10台の車が1コーナーに連なって壁のようです。

こんな経験、初めて!

抜き場所なんてない…とぼんやりしてたら

イッシー選手にサクッと抜かれてしまい最後尾になってしまいました。

その間も先頭は熾烈なトップ争い!

2番手は藤井選手に変わったものの

スターレット艦隊が1-2-3フォーメーションと

20131123_race_90-150x150

緻密なレースをしております(頭脳プレーとはやるな!)

4周終了時点でSCカーが入りその後ローリングスタートも

こう着状態か・・・

いや・・・

後方スタートにも関わらずいつの間にやら

きくりん♪選手が4位までジャンプアップ!

レース残り僅か・・・届くのか?!

そしてFINISH!

優勝:kuma選手

20131123_race_92-150x150

2位:藤井選手

20131123_race_44

3位:オレンジEP選手

20131123_race_12-150x150

残念、またしてもきくりん♪選手がは涙を呑んでしまいました。

しかしながら9番手スタートから4位までの猛追はさすがです!

TC1000は抜けないという定説を見事に蹴散らしての活躍!

見事2013年sprint-cup シリーズチャンピオン獲得!

一緒に走ってわかりましたが勝負に掛ける情熱、そして強さ。

見事でした。

20130908_s-cup_1

むさい屋の順位は・・・聞かないでください(涙)

一つ言えるのは

後ろからの追い上げバトルという展開は人生でもほとんど経験が無く

大変難しいという事です。

kuma選手はじめスターレット軍団の皆さんおめでとうございます!

2014シーズンは更に熱い戦いが待ち受けてると思います。

現在、フリー走行などで凌ぎを削っている皆さん、

是非2014シーズンへ挑戦してみませんか?

きっと新しい発見、変化を見つけられると思います。

ちなみに僕の変化は・・・というと、

それまでは走行会当日は当日まで緊張して食事もまともに出来ませんでしたが

sprint-cup出場以降は大分余裕が出てきました。

常連さんは強者揃いですがその分、皆さん余裕を持ってレースを展開しています。

僕みたいな素人が入っても車を壊さず、レースを終えることが出来ました。

きっと新しい新しい挑戦者も温かく迎い入れそしてケチョンケチョンにしてくれるでしょう(笑)

興味のある方は是非新たなるステージへステップアップしてみましょう。

以上、現場からむさし屋がお送りしました♪

touhoku-no1_20121103_HiLand_022

 

 

 

 

 

 

super-Lap頂上決戦で見た「本気」

1123のメインイベント!

super-Lapクラス

タイムアタックの聖地、筑波サーキット2000

そこでしのぎを削る猛者達が

ここTC1000でも最速を目指す。

参加資格39秒999までの実力者のみ

ある者はSタイヤを削り

grooving_20130306_tc1000_190

ある者はタイヤウォーマーを持ち込む

そんな一種異様な雰囲気を醸し出すこのクラス

それがsuper-Lapクラスなのです

フリー走行と最も異なるのは

予選上位5台のみ、コース上に1台限りで2Lapのみ」アタックが出来る事です。

20131123_spl_98-150x150

上位5台は全車39秒台に入れて来てます。

朝イチの走行で実は既に1番時計を計測してます。

とら♪さんの駆るシビック・・・

そのタイム…37秒285と既にレコード更新済みです。

これがTC1000を10年ぶりに走ってこのタイム…

TC2000を58秒台で走る猛者はやはり何もかも違います。

TC1000を走ったことがあればこのタイムがどんなものであるか、

容易に想像できると思います。

そしてその走りについては

全く想像がつかないという事もまた想像出来るでしょう。

そしてメインイベントのスーパーラップが始まります。

この時間、TC1000にいらっしゃる全ての方が見守る中

shiogon@GC8さん

20131123_spl_86-150x150

ぴこさん@GDB

20131123_spl_37-150x150

MARK@PS13さん

20131123_spl_95-150x150

動くシケイン@エボ6.5さん

img_photoservice_012

そして朝霞さんの種馬BNR32と

20131123_spl_34-150x150

関東タイムアタック界の雄が次々とコースイン

張りつめた空気がコース上を、そしてパドックを覆います。

その空気を裂くように、アフターファイヤーの音が弾けていきます。

・・・しかしながら

時刻は既に夕方近く

午前の間に出したベストを更新するのは難しいようです。

実況のMCガリガリさんも思わず

『この時間、ベスト更新は難しいと思いますが・・・好タイムを見せてほしい』と

grooving_20130211_tc1000_094

本音がこぼれます。

そして・・・

ブルーのEG6シビックがコースイン

Grooving_20120902_tsukuba_469

1周、

車両と路面状態を確かめるようにタイヤを温めてから。

今まで誰も見た事の無かったその速度で・・・

見守る全ての観客に焼き付けるように

自身がその日に出した記録を過去のものにする・・・

37秒197

20131123_spl_24-150x150

この日

グルービング走行会に参加したエントラントは

TC1000

そのコースに刻まれたタイム

そしてその走りを目にしたのでした。

2013年11月23日

super-Lapを始めとしたいくつものクラスにて

TC1000で熱いドラマが繰り広げました。

参加された方も見学された方も

快晴の中、楽しめたのではないかと思います。

僕、むさし屋も初めての体験や刻まれた歴史

そして新たに出来た友人達・・・と

多くの経験を得ることが出来ました。

次戦

2014年 2月11日(祝)

グルービングTC1000で新たなシーズンが始まります。

また筑波でお会いしましょう!

 

extreme-cup最終戦&グリップフリー走行編

こんにちは!むさし屋です。

20131123_race_9

今回よりgroovingのコラムを担当する事となりました(驚

どうぞよろしくお願いします。

遡ること約1ヶ月前「2013-1123-TC1000」

走行会終了後、なかなかイベントリポートが更新されず

「こっちーさん何やってんだ-」と思ってたら

何故か今自分が書いてるという・・・不思議な話ですw

尚、今回のブログ、僕も参加してるので100%主観で書いてます。

こっちーさんも「それで良い」との事なので

思っていることを全て書いてやる(笑)

この日、グルービングTC1000の内容は…

グリップフリー走行

sprint-cup 第4戦&最終戦

extreme-cup 最終戦

super-Lap コースレコードへの挑戦

1日にどんだけイベントやるんだって感じ(笑)

まずはグリップフリー走行

こちらは1クラス10台以下で編成された非常に走りやすいクラスであるのが特徴です。

また、毎回こっちーさんはクラス分けにも頭を悩ませているらしく?

かな-り、ベスト更新に期待が持てるクラスです。

この日も、快晴かつ気温も低めという事もあり好タイムが連発!

各クラスとも、ここ最近の開催の中でかなりハイレベルな争い?

上級クラスに至ってはTOPが39秒台に突入!

グルービングのエントラント、真剣にエンジョーイされてる方が多いなぁ

20131123_grp_141-150x15020131123_grp_158-150x15020131123_grp_88-150x150

次にextreme-cup 最終戦

こちらはしっかり観戦する事が出来ました。

extremecupとは…

20131123_race_68-150x150

スプリントレースとドリフトレースを混ぜたトライアスロン的競技

スプリントレース4周…は良いとして

ドリフトレースって…何それ??

…と思わなくも無いでしょうが、これがちゃんと競技になってるんです(驚

『速いドリフター決めようぜ!』の合言葉の元

コーナーではスライドさせながらも、速いラインを狙っていく。

そんなハイレベルな戦いをこのレースでは見る事が出来ます。

今回のレースも合言葉に恥じない、上級者の白熱したバトルが楽しめました。

参加者も楽しめたでしょうが、1番楽しんでるのは、参加者・・・中でも

グルービングの主催者のようでした。

2番手争いにて選手会長の坂東選手と超接近戦。

外から見てても『明らかにあの2人は笑いながら走ってる』

20131123_race_86-150x150

そう思わせるツインドリでした。

レースは序盤から終始リードを築いていたチャンプ石井選手が征しました。

20131123_race_84

その巧みなレース運びは圧巻の一言です。

そして2013 extreme-cup champion

選手会長の坂東選手が獲得しました!

e-cup_20130429-1

おめでとうございます!

 

1114 fever♪ TC2000

1114 fever♪ TC2000 レポート でっス(*^^)v

 

20131114_cll_32-150x150

 

開催日5ヶ月前に申し込みを開始した事もあり

ようやく?1114当日を迎えましたw

 

天候にも恵まれ今シーズンの開幕に相応しいfever♪TC2000

分切りクラス 10台

デジスパイス分切りチャレンジ 10台

fever♪エンジョイクラス 20台

 

分切りクラスはおなじみの超特急車両がエントリー

 

20131114_atk_35

パドックの雰囲気からも「本気」が伝わってきます。

20131114_atk_42-150x150

 

 

でもエントラント同士、走行10分前までは冗談を交えながらの談笑…

この人たち…見てるだけで面白いです(笑)

クルマに乗っちゃえばカッコいいドライバーに変身w

 

やはりトップタイムはこの人 DorAemon7

20131114_atk_33

RE雨宮ドラえもん♪RX-7  57秒141

 

自己ベストのコンマ2秒落ちと凄いタイム 今回はタイムの近いマシンが10台しかいない!

これが原因でドライバーの「テンション上がり過ぎ」が

タイム更新を阻んでいました。

それに気が付いたDorAemon7さんがドライビングを修正し

2ヒート目でトップタイムを記録!

これを裏付けるのが「デジスパイス」です。

走行の合間にデータを見て田口社長と何やら話していたのが

タイムアップの要因だったのかも?しれません。

 

デジスパイス分切りチャレンジクラス

今回新設したクラスで、分切り出来そうでなかなか達成出来ず…

そんな方をデータでお仕置きしてタイムアップしちゃお~と言う企画です。

 

分切りだけが目的ではなく、データに基づいてドライビングを修正し

今後の課題を提案までして速くなってもらおう的な趣旨です。

走行後に出来たてのデータを見て開発者の田口社長より

直々にアドバイス(ダメだし)してくれる贅沢なレッスンです!

 

そしてこの日、デジスパイス分切りチャレンジよろ

新たな分切りアタッカーが誕生しました!

 

Garage KU-MA 180SX

20131114_cll_36

59秒777を記録

 

しかも「777」とまさにfever♪(笑)

デジスパイスを駆使して更なるタイムアップを狙うとの事です♪

今シーズンKU-MAさんから目が離せませんね。

 

そしてエンジョイクラス

イチバン平和で?ノーマルなクラス(笑)

20131114_enj_5

ですが…

周りを見渡せば「走るオートサロン」状態でテンションが上がったとかw

上級クラスのエントラントと同じパドックを共有することにより

良い刺激を受け、走る姿勢など学ぶことも多いのではと思います。

 

みんなで盛り上がって楽しむのがfever♪TC2000

また次回2014 0111 本気で楽しみましょう!