カテゴリー別アーカイブ: 走行会レポート

【GRS-T】広場トレ&TC2000参加者voice②

筑波広場トレ&TC2000
お客様のコメントを紹介致します。

●エントリー名 黒7

●車種 RX7(FD3S)

●参加するきっかけ

TC1000デビューして5年。
TC1000で30秒台入りしたところで、TC2000に移行。
走行毎にベスト更新するも1分4秒台で行き詰り、その時期にスピンし車を半損。
パーツ頼みの走行に限界を感じ、トレーニングへ入塾しました

●ジムカーナ場での練習で何を学べたか

まずはステアの握り方・回し方、アクセル・ブレーキの踏み・戻し方といった基本操作を確認し、次に操作に対する車の挙動を確認。その後オーバル定常円で走行ラインをイメージし、イメージ通り走れたかの確認・修正。その後走行ラインのバリエーションを増やし、最近では実際のサーキットのコーナをイメージをオーバル定常円にリンクさせることができるようになり、ようやくこの練習の奥の深さを理解できるようになってきた。
 ロードスターでの練習を3回終えたころには、最初は挙動が出せなかった自車でも挙動を出せるようになり、自車の限界を知るとともに、車をコントロールする楽しさを学べるようになってきた。

●プロ同乗は如何でしたか

1.ジムカーナ場(担当:東風谷 kochiya)

 オーバル定常円は自由に走行ラインを作れる反面、走行ラインが分からないと何をしていいか分からなくなってしまう。その際にプロによる同乗で「走行・操作イメージ」を作るのに大変参考になった。またすぐに車の特性を理解し、その特性に合わせた練習課題を提案してもらえ、練習効率があがった。
さらに逆同乗をしてもらうことで、無意識におこなっている操作に対し(目線、ステアを強く握りしめてしまう等)、すぐに適切な指導がなされ、悪い癖の修正に役立った。

2.TC2000(担当:砂子塾長)

 頭では理解していても、身体では理解できていないブレーキング・フロント荷重・コーナリングGを体感できた。また自車の限界を感じることができ、その後にすぐに走行できるので、自分の限界の閾値があがり、安心してアクセルを踏めるようになった。

●AM広場トレ直後のTC2000は以前と比べて如何でしたか。

以前は走行がメインだったため、タイムを出すことに意識がいってしまい、落ち着いて走ることができなかった。
広場トレーニング+TC2000走行 という企画は素晴らしい企画だと思う。
広場トレーニングで学んだこと・感覚を忘れないうちにすぐに実践でき、
かつ少ない台数でタイムを気にせずじっくり走れる機会はなかなかないと思う。
お陰様で、ベストを大幅に更新することができた。

—————————————–

次回GRS-Tは2/1です。エントリーはこちらから

【GRS-T】広場トレーニング参加者 voice①

GRS-Tsukuba2000&広場トレ

お客様の声をアップしました。

⚫エントリー名
みやもー

⚫車種
BMW Z3

⚫参加するきっかけ

ジムカーナ場という安全な場所でのオーバーステア体験が出来るから。
(スピンをしても安全!笑)

⚫ジムカーナ場での練習で何を学べましたか?

リアの滑り出しの感覚が分かってきた。
自分のステアリング操作で車両を
不安定にさせていた事が逆同乗で気付いた。

⚫プロ同乗は如何でしたか?

1.ジムカーナ場 担当:東風谷(kochiya)
リアが滑り出してからのハンドル、アクセル操作がとてもスムーズ!

2.TC2000 担当:蘇武
止める・曲げる・加速の一連の操作が身近で感じられる。
貴重な体験でした!

⚫AMトレーニング直後のTC2000は以前と比べて如何でしたか?

オーバーステアを体験した事により走行中の怖さも減り、
考える余裕、再現性が少し出来た気がします!
そして自己ベスト更新しました!

アンケートご協力ありがとうございました。

次回のGRS-T広場トレーニングは1/20です

report【GRS-F】砂子塾 @86RACER’s

砂子塾長にサーキットで直接学べる

【GRS-F】グルービング レーシング スクール in富士

今回は86RACER’sをお借りしてプロと自分を徹底比較!

スクールのreportをお送りします。

まず塾長がターゲットタイム設定の為コースイン

土曜日でコース上は混雑していますが

上手くクリアラップを作りタイムは…

2分05秒587

このタイムが基準となり、この後この数字に苦しんだり

偉大な数字に気が付くことになります…f(^^;

この後に参加者(塾生)が走行し

データ(車載カメラ、データロガー)と塾長のデータを重ねて

徹底比較し現状の運転を分析します❗

データ解析は元GT500チャンピオン経験者の竹内浩典氏も加わり

レベルアップ間違いないスクール(取調室に見えてしまいます…)

比較し終わるのではなく、

参加者全員の総評と今後の練習課題を提示します。

この後の練習課題で「迷わず」「効率よく速くなる」を

実践する為の宿題となります。

次回はマイカー徹底比較も決定です。お楽しみにv(・∀・*)

塾生のスクール後のコメントをUP致します

ユウジ様

●本日のタイム
2分7秒814

●塾長の指摘事項
アクセル早踏み傾向あり→前荷重を自ら壊してしまい向きが変わらない
100Rのライン→自分の決めたライン以外を試そうとせずタイムロスしている
ヒール&トゥの甘さ→ブレーキ圧が一定で無い
何となく危うい→テールスライド後の操作が反射行動となっている

●今後の課題
早踏み出来ないように進入のブレーキングを…
オーバーステア特訓し、車を自分の管理下にする…

ユウジ様は今回のスクールで【my弱点】が鮮明となりました

ここを意識し練習すれば、必ず速くなれます❗(砂子塾長談)

次回のGRS-F砂子塾は今秋開催予定です❗

宜しくお願いします

第1回 シミュレーター走行会@TVC

今回は筑波ではなく、港区赤坂にあります

東京バーチャルサーキットでイベントです♪

当日の天候は雨模様でしたが

室内で行うので全く関係なく

真夏の炎天下や、真冬の凍結の心配不要

消耗品も減らない、クラッシュの心配も無いので練習には最適!

シミュレーターを使ったドライビング塾のような

スキルアップを目的としています。

20151114_183528

 

 

 

 

 

まずはシミュレーターに慣れてる必要があるので

15分間のフリー走行

休憩後に今度は砂子塾長指導による

インストラクション付き走行15分間

そして走行後にモニターを使ってデータロガー解析と

運転の傾向と今後の課題を教えていただけます。

20150724_031447

20151114_193911

そして最後に参加者全員による【TC2000 super-Lap】

マシンは全員同じで計測2周のみ

優勝者はTVC様よりインストラクション招待券をいただきました!

フリー走行とは違う2周と限られた環境での走行と

皆さん、緊張しつつ、ミスすると笑いが起きる

楽しいトレーニングの時間を過ごせました。20151114_172451

このイベントの最大のポイントは

精巧に作られたシミュレーターも勿論ですが

砂子塾長による分かりやすいインストラクション

そしてデモ走行とインストラクションの先駆者であり

元プロドライバーの高い技術も見る事が出来ます。

現状の課題、癖などを探し、練習のテーマを決定し

次の練習に望めるので、効率よく安全に学べます

イベント終了後はみんなで近所で一杯♪

ドラテク話や今日のシミュレーター体験で盛り上がり

楽しい秋の夜長となりました。

次回は12/12です(募集中) エントリーはこちら

20151114_211937 (1)

 

0614 ドリカーナ report

梅雨時期の開催にあたり

梅雨寒でしとしと雨が降るのも覚悟していましたが

雨はドラミの時間で何とか収まりドライ路面へとなりました。

img_photoservice_021

ドリカーナはクルマの限界領域を知る、探る為の練習会なので

実は雨が降っても特に問題が無いんです。

雨が降っちゃうと、クルマを降りるとき濡れるのが嫌なくらいです。

そんな時でも雨除けのテントもありますし

コースを一望出来る2Fミーティングルームもあるので

全天候型の練習会となっています。

晴れたらテントや2Fは涼む場所にもなるので(*^^)v

そして台数は今回も21台の少数制です。

おかげ様で満員御礼となりました。

参加される方を見ますと

シルビア、BMW、FD3S、トヨタ86 ロードスターのFR

ランエボ、R33GT-R、レガシーなどのAWD

DC5インテグラ CR-X ABARTH 500のFF勢

車種は何でも良いんです。

どんな駆動方式でも限界点を探る練習方法は同じです。

少人数制で反復練習しますので効率よく学べるのがドリカーナ

悩んだ時に同乗走行や質疑応答もあります。

学びながら相談しながら、成長できる環境がグル走!ドリカーナ

af90ead52e

次回のブログで詳しい内容をレポートします。

今後エントリーされる場合、どんな天気でも課題に集中して

練習出来ますので是非エントリーお待ちしています!