カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

extreme-cup 0913日光の陣 グリップタイムの基準

次戦の速いドリフターナンバーワン決定戦は

ドリフトの聖地「日光サーキット」

エントラント半数以上は日光は経験者であり

ドリフト大会で走り込んでいるサーキットのはず。

しかし…

グリップで走ったことが無いらしい(笑)

ですが…

残念な事に?

TC1000と日光のタイムはほぼ同じなのです!

という事は…

TC1000で42秒が出る人は

日光でも出るハズです!

上位陣は全車43秒はクリアーしてますので

日光でも同等のタイムとTC1000以上のドリフトを見せてくれるでしょう(*^^)v

今から期待ですね!

選手にプレッシャー掛けておきましょう(笑)

下記の画像は重いクルマでアジアンタイヤで43秒をかる~く叩き出す面々です(爆)

p7

 

p1 (1)

 

20131223_3

grooving_20131009_026_r

grooving_20130908_220_r

0727筑波ドリカーナの昼食を確保せよ?

早いものでもう5月も下旬と

年々四季の移り変わりが早く感じますね。

歳はとりたくないなぁ~(-_-;)

次回のイベントのお知らせです(*^^)v

0727 筑波ドリカーナ 【早期申込み特典】

5月中にエントリー&参加費振込完了の

貴方には

お弁当をプレゼント中です♪

画像が無いですが…

今回は中華料理屋さんのお弁当を予定中です。

美味しくてなかなかのボリュームです。

満腹になって午後走れなくても、弊社は

責任は負いかねますがw

今週中にお申込みのドライバーさん

全員に差し上げますので

走行を検討されている方は是非お早目にお申し込みください

エントリーはこちらからどうぞ→http://grooving.info/schedule/

grooving_20130721_056_r

grooving_20120722_tsukuba_223

grooving_20130123_tc1000_044

 

0727 ドリカーナ練習会の勘違い?について

次回のドリカーナは

ドリフト愛好家でもグリップ中毒者?でも

自身のテーマを決めて走れるので皆さんエントリー出来ます。

エントリーリストにこんなマシンが居ますが…

data-5

 

この車と混走でもないし、

そもそも、重ステだから体力が持たず午後は休憩の間隔が

長くなるのが想定されるので問題ありません(笑)

純粋なドリフター初心者から中級以上のドライバーさんでも

ウエルカムです♪

特にビギナーさんにはアドバイス&同乗走行+不安払しょく(金銭問題は不可w)します!

grooving_20121123_tsukuba_070

上級者でお悩みの方には上級者が対応いたしますので

楽しく上達しましょう!

Grooving_20120624_tsukuba_473

extreme-cup 【追加】競技規則

2013年よりスタートしたextreme-cupレース

ドリフトはもちろんの事、グリップのタイムも徐々に上がってきました。

昨年はラップタイム46秒くらいでしたが

最近では43秒台が平均とレベルアップ!

でもタイヤはアジアンタイヤが多数を占めていて

車重だってグリップマシンに比べると軽量化などは微々たるもの

そう考えると選手たちのレベルも上がってきてるんじゃないでしょうか。

grooving_20130429_443

と、なると…

付きまとうのが「リスク」です

競技の速度レンジが上がれば

何か起きた時のリスクも上がります。

捉え方によっては、レベルが上がったカテゴリーへの挑戦は

達成できた時の満足感も大きいでしょう。

安全策を取るために「車速ダウンルール」なんて導入はしません。

でも安全は厳かにしちゃいけないし…

いろいろと検討した結論

次戦より正式決勝結果【最下位】の選手には

筑波ドリカーナへ参加をお願いする事とします。

grooving_20130320_179

サッカーみたいなJ2へ降格みたいな厳しいルールじゃありません。

基礎練習をみんなでもう一度やりましょうって意図です。

extreme-cupはフリー走行ではなくレース

しかもドリフトをしながらの異種格闘技レースの為

相手のインを刺したりドリフトしながらオーバーテイクしたり

危険度は決して低くはありません。

選手同士の安全を確保するには

ドライバーの【基本能力UP】が必要不可欠でしょう。

extreme-cupの更なるレベルアップを目指して

新ルールを適用としたいと思います。

もちろんスケジュール等で参加不可の場合もあるでしょう。

その辺はもちろん相談にのります。

より良いステージ作りを目指し主催者とエントラントの垣根を越えて

extreme-cupをモータースポーツとして誇れるような

カテゴリーに育てたいと思います。

皆さんのご協力、今後とも宜しくお願い致します。

やっぱり表彰式のこんな笑顔を見たいですね。

grooving_20130429_609

grooving_20140211_23

DSC07763

イメージ修正したいなら基礎練習良いよ♪の巻

タイトルを見ると

「何のこっちゃ?」と思うでしょう。

そりゃ僕が書いてるんですから無理もありません(笑)

先日行われたTC1000走行会

幸か不幸か

全天候型の走行となり

ドライ路面も、セミウエットも普通にウエット路面

嬉しくない?バラエティーの富んだ状態(^_^;)

grooving_20130908_0001

となれば

イメージ通り走れなかったり

実は「冷やっ」とした状況もあったかも知れません。

そんな状況を低速で再現出来て練習出来るのが

ジムカーナ場

grooving_20130721_137_r

やはりミスしても接触する確率が圧倒的に低くて

運転に集中できるのがお勧めです。

速度域が高いと、自分がどんな運転をしてるのか?

冷静に見れない時もあるけど、ジムカーナ場だと

車速なんて大して上げられないから

自分がどんな操作しているかがバレバレな訳です。

サーキット走行中には試すと怖いアクション(雑な操作や強すぎる踏力など)を

わざと試し、その危険度を知る事も大切なんじゃないかと思います。

グルービングのドリカーナは

広場で野放し走行会=ドリフトではありません。

いつもはTC2000や1000でグリップ走行してる方も

ジムカーナに訪れて限界領域を探る練習をする方が増えてきました。

もちろん、ドリフトの練習に定常円+8の字のコントロールの練習を

熱心に反復練習する方も居ます。

grooving_20120722_tsukuba_999

わざとテールを滑らせたり、ブレーキロックさせたり

いろいろとクルマを動かしてみませんか?

grooving_20130721_061_r

07/27(日)筑波サーキットジムカーナ場にて

ドリ&グリ 危険回避特訓&基礎練習会を久々に行いますので

興味のある方はぜひエントリーください♪

先着25台(受付中ッス)となっております。

grooving_20130721_056_r