カテゴリー別アーカイブ: コラム

ドラテクがあれば何でも乗れる?

タイトルを見て

「作者は暑くて頭がどうかしたのか?」と思った方

年中こんな事考えているのでご心配なく(笑)

僕の基本的な考え方は

運転手のドライビングテクニックが第一で 道具(クルマ)はその次って考えです。

最高の結果、レースなら優勝とかポールポジション タイムアタックならベスト更新とかコースレコードですかね。

どちらも言える事ですが、モータースポーツは 道具を使うスポーツなので

クルマの性能が無いと成績は出ません。

が…

腕が無いとクルマのポテンシャルを引き出す事が出来ません。

両方備えていないと最高の結果は得られない。

Grooving_20120902_tsukuba_458

「それじゃクルマに投資しないとダメじゃないか!」って意見が出そうですが

そうでも無いんです。

遊び方はいろいろあると思いますが

今ある状況で最大性能を引き出せるドラテクがあれば

優勝、タイムアップしなくても自己満足に浸れるんですよね。

優勝できないと悔しいけど(笑)

例えば、6位くらいにしかなれないマシンで3位になる事が重要

私自身がレースをしてた頃に感じた実体験です。

これを具現化した若者が居るんですよ。

2014年 sprint-cupポイントリーダーのミウラ君

grooving_20140211_21

TC2000で行われたTTC1400シリーズに初参戦し

公式戦デビューでポールポジション

決勝は路面が乾いたのが災いし2位となりました。

条件面を整理すると

練習は2~3回しただけ

クルマはもちろん借り物

普段はAE86だからFFマシンに不慣れ

マシンはお世辞にも速くはないらしい(チーム関係者談)

DSC07551

予選は雨、なのにポールポジション

これぞ「ドラテクありき」の結果です。

ミウラ君が天才とかセンスが良いだけじゃないと思います。

彼に聞くと、かなり走り込んでるし、静岡から筑波に通い

草レースを通じて蓄えたドラテクが結果として

雨のポール、そして決勝2位を呼び込んだ結果です。

やはり基礎が重要なんです。

groovingも基礎向上をずーと言い続けていますが

楽しく上手になれる環境つくりを目指してます。

基礎を学ぶには限界を超える、探るが大切です。

ですがTC2000の最終コーナーで限界を探るのは

危険すぎます(笑)

安全で低速域で限界を探る練習にジムカーナ場が

とっても良い練習場所だと思います。

もう10年近くドリカーナやっていますが

何も出来ていなかったこの方ですが…

今じゃ、S2000を振り回したらナンバーワンの実力です。

A44Y7529_R

grooving_20130320_53

ドリカーナはドリフトの練習だけじゃありません。

限界を超えて探る練習場所として

グリップの方にもお勧めします♪

みんなで上達して楽しいカーライフを(*^^)v

 

 

 

 

マシンのポテンシャルを引き出す惜しまない努力

2014 0211 TC1000

前回のsuper-Lapで叩き出した自身のタイムを更新した

ガレージWORK@とら♪代表のEG6改シビック

grooving_20140211_4

37.079秒に到達するまでにドラマがありました。

今回のマシンは前回より足回りセッティングを変更したとの事

とら♪号はTC2000 57秒入りを目的に作られたマシン

その為、翌日のTC2000走行を見据えてセット変更で

臨んだ0211 TC1000 super-Lap

朝イチの走行も見るからに乗りにくそうで

暴れるマシンをねじ伏せていきます。

やはり本人のイメージとは違うようで2&3本目は完全に

セッティング変更とドライビングのアジャストに徹底していました。

その努力が数字としても裏付けがあります。

とら♪さんにしては珍しく、今回は39LAPも周回しています。

走っては調整、再びコースインの繰り返し

自分のイメージに近づける為に

限られた時間内でマシンのポテンシャルを引き出す努力は惜しまない

この姿勢は全てのドライバーに参考になると僕は思いました。

タイムが出てると、リセッティングしない傾向が見受けられます。

確かにタイムが出てるので変更する理由も無いと解釈する事も出来ます。

しかし…

更なる更新を求め、あえてセットを変更し挑戦し続けるこの姿勢が

年々、タイムを上げていく理由なのかなと思います。

車高調や減衰調整機能を変更せず

走ってる方も多いでしょう。

せっかく変更が比較的簡単に出来るんだから

いろいろと試してみるのも勉強だと思います。

特にこれから気温が上昇しタイムが出ない季節となりますが

夏場の取り組みが来季のタイムに結び付くと思います。

そう考えると1年があっという間に過ぎるんでしょうね。

grooving_20140211_2

 

 

 

 

 

この路面で出るかぁー!

走行会,筑波,TC

主催者として心がけてる事が1つ。

笑顔で受付も?もちろんですが(笑)

コース上の汚れやオイルや異物の除去です。
(エアロの破片とか)

グルービングはグリップとドリフトの同時開催があります。

グリップオンリー開催はさほど気になりませんが、
ドリフトと混走となるとグリップ組が気になるのはズバリ…

路面の汚れや埃によるタイムの影響ですよね。

僕もグリップ派だった頃は気にしてました。

だって・・・タイムアタックするのに、
新品タイヤ4本投入してパットも新品にしてコースインしたら・・・

コースがタイヤカスや埃だらけ(怒

ベストタイムなんて「この路面で出るかぁ~」と一気にテンションダウンです・・・

こうならないように心掛けてるのが
ドリフトクラス走行後に毎回行うコース清掃の徹底です。

走行会,筑波,TC

いつも数分お時間をいただいていますが皆さんのご理解もあり継続しています。

今後もグリップのタイムアタッカーとドリフトが共存できる走行会になりたいですね♪

先日開催した混走の走行会で
超特急のグリップ車両がエントリーいただけたのはとても嬉しかったですね。

スタッフの努力が少しは報われたのかな?と思いました。

エンジョーイ♪サーキット&二刀流ライフ

CoChi塾長:こっちー@

今回の走行で何を得たいのか?

走行会,筑波,TC

皆さんは走行会前の準備は何をしてますか?

油種類の交換、タイヤやブレーキパットの確認や交換など行うと思います。

クルマの準備も大切ですが、もう1つ重要な事…

それは、

「今回の走行で何を得たいのか?」

・・・です。

あっ…損得の話じゃないですよ(笑)

参加する以上、目標がありますよね。

ベストラップを狙いに行くとか、
ブレーキングの練習をしようとか、
走行ラインを探してみよう・・・など。

人それぞれだと思います。

で、その目標に立ち向かうべく、具体的に・・・

「何をするのか?」

を整理してからサーキットへ行ってますか?

ちなみに大昔の僕は「ノー」でした…(汗)

当時の僕は、現地に着くなり、準備して→コースインして・・・

「ブレーキは奥で踏むんだ!」

なんて意味不明な目標で走ってたので、全く上達しない日々がありました…(恥)

しばらくして気が付いたんですが、
サーキットに着いてから考えればいいと思っていましたが、
現地に着くと荷物降ろしたり、
走行準備や友達と雑談してるうちに走行時間が迫り・・・慌ててコースイン

で、頭の中は整理されておらず無我夢中で走り1本目終了。

そこでタイムが出た、出ないで一喜一憂して2本目に突入。

やっとこの時点で考え始めてようやく冷静に走るんですが。。。

これからってところで走行会終了 (チーン…

このような経験ありませんか?

これを防ぐ方法は、前日までに課題をどう克服するか、
試したい事をあらかじめ整理してから当日臨むことをお勧めします。

更には課題①が出来た場合は課題②を事前に準備するのも良いと思います。

走行会はタイムスケジュールが決まっていますので、
自分が準備不足でも時間は予定通り過ぎて行きます。

ここで無駄な時間を作らないように、
前日のうちに自分への課題を予習してメモを取ることをお勧めします。

僕みたいに…

「ブレーキは奥で踏むんだ!」

なんて…

ザックリした目標では…

ガソリンとタイヤの無駄です…(笑)

楽しみながらに+「考えながら走る」

実践してみませんか?

CoChi塾長:こっちー@

レースとフリー走行の違い

走行会,筑波,TC

レースとフリー走行の違いって何でしょう?
レースは「プレッシャー」との戦いかもしれません。
レースは目の前に競争相手が居ます。
その相手を「抜く」 「引き離す」更には 「ルールを理解する」
作戦を練りながら走行し、その時の状況を瞬時に判断し戦い続ける

重圧の中での運転は思っている以上に緊張します。
普段出来ている運転も「プレッシャー」を感じるとミスを招き簡単に相手に抜かれます。

じゃぁ~どうやって克服するの?

それは普段からの練習、

「フリー走行」が重要になってきます。

フリーなのでチェッカーまで1周でも多く走る事を考える事も、
走行会を楽しむ重要な1つだと思います。

でもそれは初級レベル迄の話です。

中級くらいになってくると自己ベストタイムが確立されて、
走り慣れてくれば徐々にベスト更新が難しくなりますよね?

そこで運転を自己分析し、悪い原因を特定して
改善しながらコツコツ積み上げていけるかにあると思います。

ここで挫折してしますと…

パーツやタイヤを新品走行時のみタイム更新と、
道具に頼った運転になってしまいます。

フリー走行はレースのような「プレッシャー」を個人差もありますが感じないと思います。
その時を有効に使い「考えながら走る」を実践しましょう。

ドライビングテクニックだけではなく、応用はいくらでもあります。

タイムアタックする時も、15分間走りまくってタイムを出すのではなく
タイヤ、水温などコンディションの良い時に狙ってタイムを出しに行く練習も有効です。
コツコツと積み上げていけば「上級者」の仲間入りです。

レースに出場するにはテクニックも必要ですが、それ以上に
チェッカーフラッグや前後を走る相手のクルマを見落とさない冷静さが必要です。

レースは楽しい反面、もちろん「リスク」もあります。

そのリスクを回避するには冷静な運転が必須なのです。

ぜひ「フリー走行」をもう一度見つめなおして
いつかはレースクラスに参加してみてはいかがでしょうか?

きっと違った世界観が拓けると思いますよ

CoChi塾長:こっちー@