砂子塾マレーシアsepang❗

超限定募集 砂子塾 in セパン、開講します

12/16(日)10:10成田出発~12/19(水)7:15成田着

プロフェッショナルドライバー砂子塾長を講師に迎える
「砂子塾 with Grooving」のスペシャルスクールを開講します。

今回の会場はあの「セパン・インターナショナル・サーキット」です。
塾長がエントリーするブランパンGTシリーズアジアでも使用され、
F-1、SuperGT、motoGP等、様々な国際格式の選手権が
開催されるセパンのフルコースにて、フルサイズ・サーキットに於ける実践的トレーニングを2日間にかけて行ないます。

走行前には講師による座学、そして同乗走行レッスンを経て、受講生自身がステアリングを握る時間は2日間合計でトータル2時間に及びます。
コースは事実上の貸し切りを予定しており、極端にペースの異なる車両に悩まされることもありません。

使用車両はシビックタイプR(FD2)のワンメイクレース仕様。
パワフルで軽量なボディに、素直で安定した挙動に定評のあるモデルで、レーシングレッスンに適した車両をチョイスしました。

講師はBMW Team Studieドライバーを迎えます。
砂子塾長 Jukuchou Sunako

浦田健 Ken Urata

ちなみにワンメイクレース仕様のシビックの参考タイムをご紹介しましょう。
・富士スピードウェイ 2分00秒台
・セパンインターナショナル 2分32秒台 (今回の講師、浦田選手が記録)
パワー的には200馬力程度のシビックではありますが、セパンは2本の長いストレートがあるものの、
様々な形状のコーナーが入り乱れる旋回時間の長いコースとなっており、パワーの大小に関わらず次々と訪れるコーナーに挑み続ける、
ドライバーのスキルがタイムに反映しやすいコースとして知られています。

つまり、シビックでも退屈する暇はなく、スキルアップに最適なコースと言えるでしょう。
ハイパワー、高性能な車両でFSWを走った経験のあるドライバーであれば、セパンとFD2の組み合わせは体力的負荷も小さくないエキサイティングな印象となると予想されます。

セパン本コースでのレッスン進捗の状況次第では塾長とのタイムアタック合戦、名付けて「負けず嫌い選手権」も開催されるかもしれません。
また、走行セッション後は講師との懇親会も予定しております。

参加資格は特に設けてはおりませんが、国際サーキットまたはそれに準ずるサイズのレーシングコース走行経験者、
またはTVCにてトレーニングを積んだドライバーを想定したレッスンとなっております。

また、レッスン参加者にはTVCでの事前トレーニング割引が適用されます。 おそらくほとんどの方にとって初走行となるセパンをTVCで事前に経験し「コース慣れ」という時間を削減します。

当日のスクール、そして事前トレーニングをパッケージした
砂子塾 with Grooving
セパンスペシャルスクール、開講です。

エントリーはこちらです