0601 GRS Rd.4 Report

ジムカーナ場とTC2000の実践的なスクールを今回より開始!

今回の流れは…

まずは広場(ジムカーナ場)で基礎練習
アンダーステア、オーバーステアの出る状況を作り出す
そしてその現象をどう対応するかを学び走り込むという流れです

コースはオーバル型の定常円で2速でコーナーリング出来るサイズ
そこに散水をしてより低速域でのコントロール、タイヤグリップ感を掴むに集中!
これがやがてサーキット走行でタイム短縮にも、危険回避コントロールにも役立ちます

少人数制ですが、決して走り放題では無く、必ず見る時間を設定しています
他車の走りを研究し、イントラがその模様を説明し、次の走行で試すの反復練習

ジムカーナ場での基礎練習をしたらTC2000へ移動し
30分間のスポーツ走行へ移行します
やはり注目なのは、プロドライバーの同乗走行が有る事です
マイカーをプロがドライブし、車のセッティングの方向性や
走らせ方、ターゲットタイムが確立しますので闇雲に走行せず
目的をもって走る事をお伝えしています

走行開始8分で、サーキットが浸水するほどの豪雨で赤旗中断…
本来ならウエットになるとタイムが出なくなるので走っても無駄と
思う方も居ますが、【GRS】はタイムアタックでは無く
タイヤと対話する事に重点を置いていますので天候は関係ありません
むしろウエットの方が、滑り出しやステアリングに伝わってくるグリップ感を
感じ取る絶好な状況かもしれません。

天候が回復し、再スタートし30分間の走行は無事に終了。
とても荒れた天候でしたが、スピン等はありましたが
全車クラッシュも無くチェッカーとなりました

ジムカーナ場でウエット路面のオーバーステア特訓や
「アンダーやオーバーステアはこの動作をすると出る!」と言う事を
練習してからサーキット走行に臨んだので
参加者の方々は冷静に走行できたのではないかと思います。

次回は8/24 GRS Rd.5 TC2000&ジムカ―ナ場です
エントリーお待ちしています