0405 グル走!ドリカーナ report

こんにちわ、むさし屋です。

4月5日に筑波のジムカーナ場にて、

グルービングのドリカーナが開催されたので、参加してきました。

 

今回のコンディションはセミウェット。

コースであれば、若干テンションが下がる方もいらっしゃるでしょうが、

ここはジムカーナ場。誰一人としてテンションが下がる人がいない(笑

むしろ、テンションアゲアゲ↑な人もいるくらい。

変わった人たちです。

DSC_0522_1

今回のトピックですが、

まずは、なんといっても、東北から参戦して下さったDAISENさんの件でしょう。

グルービングドリカーナの効能(?)を聞きつけて、

わざわざ仙台から遠征!すごい。

あ、、、といっても、↑の写真のラディカルやんかどさんも、

名古屋からの遠征ですけどね!

 

DAISENさんに話を聞いてみると、

『車をコントロールする上で、今一度自分を見直すことがしたかった。

そのうえで、どういう練習をすればいいかがまず分からなかったけれど、

グルービングの練習メニューは分かりやすくて、体験としても驚きの連続だった。』

また、やんかどさんは、

『これだけカリキュラムが充実した走行会はそう無いと思う。

名古屋から来ているけれど、来る価値は十分ある。』

 

お二人とも、ずいぶんとはまっているようです(笑)

僕自身、2年間ドリカーナに通っていますが、

自分の過去の動画を順に見比べていくと、面白いくらい走りが変わっています。

これは、自分的には基礎練習の賜物だと思っています。

DSC_0223_1

お二人だけではなく、

この日参加した皆さん、ものすごく練習熱心。

練習の開始と終了では、1日で非常にドライビングが変化しています。

タイヤをこじって、無理をさせて走っていた方が

綺麗に転がして走るようになるかと思えば、

定常円がままならなかった方が、8の字をできるようになっていたり・・と、

とにかく、1日の密度が濃いことが

ドリカーナにいえることだと思います。

 

AMはオーバルをくるくると回る『だけ』の、

本当に単純な内容。

だからこそ、自分の車の素性と、向き合えるんだと思います。

こんな上級レベルの方も、

DSC20141122_127

楽しんでます。

DSC_0613_1

そして、そのスキルアップに一役買っているのが、

講師陣による的確なアドバイスと、同乗走行。

af90ead52e

 

いつもよそ見してるように見えますが(笑)

意外によく見てます。個々のドライバーの走りを。

 

そして、ふらっとやってきては、

『ちょっと乗っていい?』とか

『あそこは、こういう意識でやってみて?』とか、

ちょっとしたアドバイスが。

10884903_385046451671525_681088727_n

グルービング代表こっちーさんは、

かつてレース(JAF戦)でその腕を磨いたドライバー。

今は主催者として一歩引いた立場で運営している人間ですが、

ひとたびステアリングを握れば、

現役時代さながらの最速コーナリングを手本として見せてくれます。

もちろん、その時には

オーナーさんの車両の動きも踏まえた形でのアドバイスが。

 

これが、結構効くんですよね~。

自分で真剣に走ってばかりだと、なかなか気づかないんです、

自分の悪い部分。

そこを、上手くフォローしてもらえることで、レベルアップの速度が、

一人で黙々と練習するよりも断然早いんだと思います。

 

是非、ドリカーナに参加した際には、講師陣を捕まえて、

上手くなるために今自分が必要な『もの』を、聞いてみてください。

『それ』は、一人一人違うものですから。

 

あ、そうそう、5月6日のグル走!TC1000では、

S耐ドライバーでおなじみ、蘇武選手の同乗走行&レクチャーもありますので、

こちらも、是非活されることをお勧めします。

DSC01104

 

さて、そんなこんなで、あっという間に過ぎ去っていった1日でした。

参加された方、お疲れ様でした。

僕も、1日すごく楽しかったです。

 

早くまた、ジムカーナ場で基礎練習、したいですね!

次回は0614(日)みたいですよ。

皆さんと一緒に練習できる日を、今から楽しみにしておきます。

では、今日はこの辺で

2015 0203 ドリカーナ5