レースクラス【ゼッケン】希望番号制導入

sprint-cup Rd.3  extreme-cup Rd.2より

ゼッケンを年間で固定します。

レースではゼッケン固定は当たり前で

teamによってはその数字が長年受け継がれてる事も有ります。

スーパーGTの#36はトムス #12はカルソニックなど

グループAの頃も同じ番号で戦っているのはお馴染みの事です。

s-cup_20130211-1

グルービングのレースシリーズはそんな伝統はありませんが

せっかくレースに出るんですから

自分の好きなゼッケン(数字)を背負って戦うのも

レースに出る醍醐味なのではと思い希望番号制を導入します。

エントリーする時に希望番号を第1-2希望まで申告してください。

数字固定の条件…

スプリント、エクストリーム出場者である事

車体に既に添付されてる番号が有る場合、そのまま利用可能とします

タイムボードの性質上、2ケタまでとします

希望者多数の場合は「先着順」+「年間シリーズエントリー」を優先。

エントリー車名も15文字くらいとします。

長い場合は主催者が省略する場合があります。

(例) グルービング HPI シルビア

レース当日だけがイベントでは無く、エントリーする時点から

モータースポーツに参加する楽しさを体感してみませんか。

grooving_20140211_23