レースとフリー走行の違い

走行会,筑波,TC

レースとフリー走行の違いって何でしょう?
レースは「プレッシャー」との戦いかもしれません。
レースは目の前に競争相手が居ます。
その相手を「抜く」 「引き離す」更には 「ルールを理解する」
作戦を練りながら走行し、その時の状況を瞬時に判断し戦い続ける

重圧の中での運転は思っている以上に緊張します。
普段出来ている運転も「プレッシャー」を感じるとミスを招き簡単に相手に抜かれます。

じゃぁ~どうやって克服するの?

それは普段からの練習、

「フリー走行」が重要になってきます。

フリーなのでチェッカーまで1周でも多く走る事を考える事も、
走行会を楽しむ重要な1つだと思います。

でもそれは初級レベル迄の話です。

中級くらいになってくると自己ベストタイムが確立されて、
走り慣れてくれば徐々にベスト更新が難しくなりますよね?

そこで運転を自己分析し、悪い原因を特定して
改善しながらコツコツ積み上げていけるかにあると思います。

ここで挫折してしますと…

パーツやタイヤを新品走行時のみタイム更新と、
道具に頼った運転になってしまいます。

フリー走行はレースのような「プレッシャー」を個人差もありますが感じないと思います。
その時を有効に使い「考えながら走る」を実践しましょう。

ドライビングテクニックだけではなく、応用はいくらでもあります。

タイムアタックする時も、15分間走りまくってタイムを出すのではなく
タイヤ、水温などコンディションの良い時に狙ってタイムを出しに行く練習も有効です。
コツコツと積み上げていけば「上級者」の仲間入りです。

レースに出場するにはテクニックも必要ですが、それ以上に
チェッカーフラッグや前後を走る相手のクルマを見落とさない冷静さが必要です。

レースは楽しい反面、もちろん「リスク」もあります。

そのリスクを回避するには冷静な運転が必須なのです。

ぜひ「フリー走行」をもう一度見つめなおして
いつかはレースクラスに参加してみてはいかがでしょうか?

きっと違った世界観が拓けると思いますよ

CoChi塾長:こっちー@