秋のグル走!sprint‐cup編

今回のsprint-cupは

ポイントリーダー ガレージミウラくんがEP82からnewマシンAE86(ZN6では無い)にスイッチ

そしてsprint‐cup表彰台常連のクラブマンレーサーshinoさんの復活

更に…

Wエントリーを駆使してextreme勢も大量エントリー

台数こそ少ないですが、経験者が多数を占め

白熱したレース展開が期待されます

今回は台風の予報もあり

タイムスケジュールは午前中にレースを終わらせる台風バージョン

その為、走行開始が予選という難しい局面となります

腕も必然ですがメンタルをどう整えるかが勝負のカギとなります

予選→決勝1ヒート目まではドライ

決勝2ヒート目はウエットの戦い

今回も全天候型レースを呈していますw

予選ポールを奪ったのはshino選手

借り物シルビアで遠慮なく踏んでますw

コンマ3秒遅れてガレージミウラAE86と続きます

そしていつも?不気味な存在…小林インプレッサは

4駆の利を活かしてスタートで仕掛けて来るでしょう

そしてドライでスタートを切った1ヒート目

やはりガレージミウラ&小林インプの

シリーズ上位が車格は全く違いますが互角の争い!

DSC05948

1ヘアピンで勝負に出た小林が姿勢を乱し

抜かれるシーンもありましたが、さすがレース猛者たち

危なげなく当該箇所すり抜けレース続行

そして後続の波乱を見事に乗り切り

shino選手が逃げ切りに成功

2位はガレージミウラAE86

3位にextreme‐cupとWエントリーのkazvow選手

R32スカイラインのレース中の速さを見る限り

今後の台風の目となるでしょう

更に注目すべき点が623@独遊選手のレース中のベストタイムが驚愕…

何と44.602をマークしています!

予選はマシントラブルでノータイムでしたがこのタイムなら

sprint&extreme共に上位が狙えるタイム

今後が楽しみのマシンですね

DSC05572

そして決勝2ヒート目

とうとう雨が降り出してしまいましたが

とても素晴らしいレース内容となりました。

ドリフト勢のマシンコントロールは素晴らしいですね

グリップマシンに比べてタイヤグリップが劣っていますが

確実に前に進めるコントロールをしています

更に凄いのが上位3名の接近戦

shino選手+小林選手+ガレージミウラ選手

車種も駆動方式もパワーも違いますが

クルマの優位なポテンシャルを引き出し順位を入れ替えながらの

白熱戦がチェッカーまで繰り広げられます

DSC06407

そして2ヒート目を征したのが

ガレージミウラAE86

2位小林インプレッサ

3位shino S15シルビアとなりました

Laptimeを見ても上位3名がコンマ3秒以内と

ハイレベルな内容だった事がタイムにも表れています

DSC05985

スプリントカップは白熱したレースですが

選手は紳士的なクラブマンレーサーが上位多数いらっしゃいます

レース未経験やレース初~中級者がエントリーしても

暖かく迎えてくれる(と思います)

最終戦は1122 TC1000です

チャンピオンは誰の頭上に輝くのか?

そしてクリーンな争いをまた見させてもらいましょう!

選手の皆さん、お疲れ様でした

DSC06372