extreme-cup 公式通知

タイトルを見ると

立派なレースっぽく見えますが

そうでも無いんです(笑)

grooving_20130908_341_r

DSC02580

去年より始めたこのシリーズも

開催ごとにレベルも上がり、ドリフトの質、グリップのタイムも向上傾向

レースでも接近戦が増えてきました

決勝のドリフト走行時の審査区間通過のドリフトを

真面目にドリフトする選手と

かなりグリップ気味(ドリフトしてない)の選手も現れ始めました

真面目な人がバカを見るのは許せませんので

次回1013 TC1000 決戦より

ドリフト審判委員を導入いたします

ドリフト区間の入り口にパイロンを設置します

grooving_20120613_tsukuba_021

車両の先端がパイロンを通過した時点(※1)でカウンターが当たっていない場合

警告「1」としフラッグタワーより該当車両のゼッケンを提示します

2周連続で警告を受けた場合は

ドライブスルーペナルティーを課す事とします

サインボードを見落としてもダメ

ドリフトを決める事も必須

グリップ(タイム)も要求される

タフなレースとなります

このドリフト審判員は後日発表致しますが

ドリフトにもグリップにも精通している方です。

審査基準は「委員の目」と「記録用動画」で追跡しますので

逃げられませんし、逃がしません(笑)

extreme-cupがモータースポーツになれるように

また1歩ハードルを上げたいと思います。

 

(※1)NAや主催者が非力と判断した場合、パイロン通過までにカウンターを充てる事とする

grooving_20130211_tc1000_477